2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

再会(ショートストーリー)

僕、滝川光太郎には忘れられない男性(ひと)がいつもいた

2年前

「なあ、俺の飯は?」
「えーっ。食べてこなかったのかよ?てっきり食べてくると思ったから
 外で食べてきちゃったよ」

「でも、なんかあんだろっ? 冷蔵庫ん中に」
「いやっ、悪い。明日買い出ししようと思ってたからめぼしいものは
 これといってないんだ」

「なんで何にもないねん ちょこっとしたもんでも買うとけや」


関西出身の彼 宮田俊二は、普段喋る時、関西訛りになる。
僕も忙しかったこともあり、なにも連絡がなかったので
てっきり仕事仲間と食事をしてくるものだと思ってた。
それが、食べる時間もないくらい必死にガンバって仕事を
こなしていたという。

電話1本かけてくれていれれば、頑張ってる彼に精のつくものを
作ることくらい僕にはなんてことなかった

しかし、今夜の彼はご機嫌が良くない様子
だからってあんな言い方しなくてもいいと僕は思う
僕はキミの召使いじゃないんだっ
だから、僕はこんな言い方しか出来なかった

「わかったよ まだスーパー開いてるから、なんか買って来て作るよ」
「もう   ええわっ   風呂入って 寝る」

下積み時代を長かった彼は、やっと華やかな世界で脚光を浴び
一躍注目を浴びるようになった
そのせいで、目一杯仕事が入り、来るもの拒まず
仕事を断る事をしない彼は自分で自分を追いつめているように見えた

僕は、彼が少しでも安らげるような空間を作ってるはずだった
だが、たまに些細なことで口喧嘩することが増えてきていたように
感じていた

さっ、彼が風呂に入ってる間に消化のいいものでも
温かいもので作って ご機嫌なおしてもらわないとなっ
他の人に迷惑かける訳にいかないし


僕は、こっそりとスーパーまで買い物に出掛けた

まだこの頃は、これでどうにか収まってた
ところが、ある時期を過ぎた辺りから、お互いの仕事が忙しくなって
すれ違いの生活が続いていた。
そのおかげでまた、口ケンカが絶えなくなり、話し合いの結果、
しばらく距離を置く事になった。
別に嫌いになって別れた訳ではないけど、
自分の仕事が忙しくなりプライベートにまで余裕がなくなってた。
そして、いつの間にか彼の事も......    消えていた。

そんな僕たちが、まさかこのパーテイーで偶然に会うとは思っても居なかった

「あっ しゅっ、俊二」
「こう、光太郎? 元気だったか?」
「あっ、ああ」

たったこれだけの会話なのに、二人の距離は一気に縮んだように感じた。
きっと必死に仕事に取り組んでいたんだろう。
彼は少し痩せたように見えた。

(でも….     相変わらず、いい男だな~)

「あのさー」
「うん」
「お前..... 」

彼の言いたい事が判ったような気がしてた。
昔っから、こちらから話を振らないと、まともな会話が成立しなかった

「居ないよっ。 キミ以上の男って、そうそう見つからないから」
「えっ」
「それ聞きたかったんだろっ?」
「べっ、別に  そんなこと」
「違う?」
「……. 違わ… ねーけど」

彼との距離を置いてから、女性とも付き合ってみたが、
どうにもこうにもしっくりとこない違和感を感じていて
やはり僕は...... 女性とは付き合えないんだとそのとき確信した
その後は.... 特定の彼氏を作らなかったわけではなかった
別に彼氏が居なくても何の不便も感じなかったのが事実だった
だからといって、気になる男性が居なかった訳ではなかったけど

ほんの数ヶ月前、僕は教育係を任されていた
新人ながらもなかなかやり手の男性社員 桂木真一郎
桂木は、新人といっても中途採用だったので、あまり手のかかる奴ではなかった

「先輩って、まるっと女性の気配無いっすよね」
「はあ? オマエ何言ってんの? バカな事言ってないで、
 早くこれやっちまえよっ 俺、一緒に残されるのやだかんな」


桂木の教育係を任された僕は、とにかく彼を一人前営業マンにすることだけを
考えて、いろいろと教えこんできた。
そのかいあって、今では科の中では常にトップを走る営業マンになっていた
今日のパーテイーも彼と同伴だった

「そっちは相変わらず忙しそうだね。身体.....  ムリしてんじゃないのか?
 昔っから、ムチャするとすぐお腹にきてたから....
 ゴメン、余計なお世話だったよな」

「たまにな.....      まだ腹壊すんだよ 
 そうすっとオマエを思い出す
 なんで俺たち離れたんだろうな...」

「そんなの決まってるじゃないかっ オマエには輝く未来があった
 華やかな世界があった その中で光り輝くオマエを俺は独占しちゃ...
 いけないんだよ ちょっとしたウワサがオマエをダメにすることくらい
 俺には判ってた だから...」



俊二の言葉を遮るように桂木が声を掛けてきた

「先輩、こんなとこに居たんっすか? 探しましたよ」
「桂木」
「あっちで部長が呼んでますけど」
「そっか  じゃあ、俊二 またな」
「ああ オマエに会えてよかったよ」

「先輩 宮田俊二と知り合いだったんすか?」
「えっ、 まあな」
「いっすよね あの人 なんかこう男の色気を感じるようで 
 女でなくても俺、惚れそうですもん」


そう俊二との初めて出逢った時がそうだった。
忘れられないあの目に僕は惚れたんだ 手放しちゃいけなかったんだ
もう2度と会えなくなるかもしれない 
ちゃんと僕は気持ちを伝えていただろうか 彼任せでいなかっただろうか
今だったら、ちゃんと言えるような気がする 
きっとこうやって再会させてくれたのは、神様のご褒美なのかもしれない
今まで必死にガンバってきた僕への
だったらこのチャンスを逃しては行けないんだ 
チャンスを運命に返るのは自分自身なんだ

「先輩?」
「悪い桂木 部長にはオマエから上手く言っておいてくれ
 俺は..... 」

「宮田さんですよね 先輩の本当に忘れられない人って」
「桂木....」
「俺、判ってました 先輩は女性を愛せない人だって
 俺、昔っからそっち系の人に声掛けられてて、なんていうか...
 判るんですよ そっち方面の人かどうかって
 先輩、隠してるみたいですけど 俺には判っちゃってたんで
 行ってください 
 このままだと先輩、後悔しちゃいますよ」

「悪い、 感謝する」
「先輩!! このツケは高いっすよ」

桂木に背中を押されて、会場から飛び出した僕は俊二を必死に探した

(俊二、俊二 ゴメン
 やっぱ俺、オマエのこと忘れられない オマエのことが好きだ)

突然、僕は腕を掴まれて、エレベータの中に吸い込まれた
気づけば、俊二の腕の中だった。

「そんなに大声で呼ばれたら、見つかるだろうが」
「誰に?」
「アホかっ オマエは」
「どうせ アホだよ 俺は
 悪かったな アホで  んんっ」


俊二の唇が会話を遮るように重なってきた

「アホやけど そこがまた可愛いで オマエは」
「俊.....二」
「ヤバいっ このままじゃ ガマンできねー」
「ガマン..... することないじゃないかっ 僕だって」
「ほんまやな キスしただけで オマエの勃ってきよる」
「なあ.....ここで……………….. する?」
「アホかっ、 出来る訳ないやろっ こんなとこで」

僕はこんなにも大胆なことが言えたんだ
違う、俊二にもう1度会えたから大胆なことも言えてしまうんだ

僕は俊二が泊まってる部屋まで腕を引かれた
部屋のドアが閉まると同時に俊二は後ろから僕を抱きしめて

「もう どこにもいくなっ 離さへん ずっと俺の傍にいろ」
「俊二」
「返事は?」

僕は返事の替わりに、唇を塞いだ 

「......... これが返事  いいかな」
「バーカ こんないい返事もろうたことあらへん」
「俊二」
「光太郎.....」
「んんっ.......  っああー しゅ........んじ..」
「ここやったな オマエが感じるとこは」
「......だっ、ダメ.. そっ、そこは 」
「なにが ダメなん? こんなに堅くしとるくせに」
「しゅ...ん.じ  ベ.....ド お....ねがい ここじゃ」
「しゃーないな お姫さんの言う事聞いとかな 後が困る」

俊二は僕の身体を軽々と抱き抱え、そのままベッドになだれ込んだ

「.あああ..........」
「あいかわらず反応はええな オマエのこの乳首は」
「...ん...っっ.......」
「ガマンせんでもええ  オマエの声が聞きたいんや」
「しゅん..じ だ....め がまん..できない」
「ええで 達っても 何度でもイカしたる」
「ああああ.........あああああ」

俊二を迎え入れるまえに僕は達してしまった

「ごめん」
「なに謝ってる 
 またこうしてオマエと一緒におれるほうが俺は嬉しいのに」


俊二はちょっと照れくさそうに、僕の手を握りながら言ってくれた
僕はこの手をもう2度離さない

「俊二」
「だから、今夜は...」
「いっぱい しよっ」

そして僕たちは離れていた時間を取り戻すかのように、お互いを求め合った

「こう....たろう.. オマエの中 熱い」
「しゅん...じ ああ.......いいいっ... もっと.. ついて」
「こう.....か」
「.......っんん......あああ......いいよ」
「あかん 引きちぎれそうや  オマエの気持ちよすぎ」
「.....っだ........あああ.......もう.... 」
「俺も .....だめだ.. もたん いいか 」
「ああ.......ああああ............」


何もかもが夢だったように感じだ
目が覚めるとそこに俊二はいなかった.....

「俊二? 俊二!!」
「なに子供みたいな泣き声で呼んでんだよ
 ほれっ水」

「俊二....」
「いなくなったと思った? 
 バッカだな もう2度とこの手を離さないって決めたのに」

「だって.......」
「来週、こっちに戻ってくる またオマエの部屋で一緒に住もう
 いいなっ」

「えっ、でも....」
「なに? なにか不満がある訳?」
「オマエと一緒だったら...... ちょっと狭いかも」
「んだよ、 俺が太ったっていうのかよ」
「違うよ 俊二の荷物が 昔より増えてるんだろっ
 だから、今の僕の部屋じゃ収まりきれないよ」

「じゃっ、新しく部屋 借りるか なっ、そうしよう」
「いいのか?」
「ああー オマエがいてくれれば俺は安心して仕事できるしな」
「あのなー 僕はオマエの家政婦じゃないって」
「知ってるよ 家政婦じゃないって  お嫁さんだろっ」
「.....................」


こうして、僕はまた俊二と一緒に来週から住み始めるのでした
2年前と同じように 全てを1から始めるんだ


「ところで俊二」
「なに?」
「僕が傍に居てもええけど、僕の仕事のジャマだけはせんといてね」
「はあ?」
スポンサーサイト
.26 2010 妄想 comment2 trackback0

言えれば... 楽なのに

「もしもし、オレ オレだよ ゴメンな 遅くに」

いつも彼からの電話は遅くに掛かってくる
別に遅くても構わないと僕はいつも言ってるのに
あの人は、申し訳ないと言ってから話始める

「仕事はどう?
「唐突だね、いつも これと言ってなにも変わりないよ キミは?」
「オレか オレは...... 」
「知ってる 今日もバタバタと忙しく走り回ってたんだろ」
「えっ あー まあな」

同じ会社で働いてる者同士、部署は違ってもどこかしらですれ違うものなのだ
今日も昼休みだというのに、彼は部下を連れて社外に出るところだった

「相変わらず忙しそうだね」
「オマエもそうだろっ? 忙しいんじゃないのか?」
「僕は....  
 キミのところと違って、忙しいのは年に数回しかないよ」


彼の属する営業部と違って、僕の所属する部署は常に9時17時で終わる
だから、いつも彼からの電話を自分の部屋で受けることが出来る
誰も居ないこの部屋で

「なあ、今からそっち行ってもいいか?」
「なに言ってんだよ 明日も仕事だろっ」
「いやっ、明日は会社には行かないんだ 
 直接、現場に向かう事にした」

「そうなのか」
「ああー ここよりオマエのとこからのほうが近いんだよ」
「なんだよっ、それ まるでホテル代わりじゃないか」
「ホテルより もっといいサービスがあるんだろ、そこには」
「バカか キミは」
「あーバカだよ 
 恋人にゆっくりと会う時間も作れない情けない奴だよ
 こうでもしないとゆっくり恋人と時間を過ごせないんだからなっ」

「あのなー」
「じゃ、今から行くから」
「おっ、おい」

すでに電話は切られていた 
いつも強引の自分の予定を押し付けてきて、こっちの都合もなにも
あったもんじゃない
文句を言ったところで、何も変わらないことも判ってる
でも少しくらいは都合を聞いてくれてもいいじゃないかっ
常々思っていても、口に出した事は1度も無い
結局は、惚れたもんの弱みと言う事になるのだろうか

きっと彼は、何も食べずにこちらに向かってるはず
消化のよい何か温かい物を作っておいてやろう
それにサッパリ出来るよう風呂も入れ直しておいてやろう

僕はまだ来ない彼を待ちながら少しウキウキしていた




短いですけど、ちょっと書いてみました
BL系(?)かな
初になる作品になると思います
これからどう続けて行こうか探りながら、
書いて行きたいと思います
.10 2010 妄想 comment2 trackback0

面白そうなので書いちゃいました

はあ~ 今日の何事もなく変化のない1日が終わった
あの人..... 何してるのかな?
声......  聞きたい  
でも ムリ........か 

そんなことを思ってるときにそれは鳴った

この着メロは...   あの人だっ

「もしもし」

オレだ、オレだよ 

いつも彼からの電話はこれで始まる
判ってる、彼だと判ってるけど...  つい

「どちらさまでしょうか? お名前頂けませんか?」

悪い、ちょっとバタバタと忙しくしてたもんで、
なかなか連絡出来なかった
いいか、今からちゃんと聞いとけよっ
オレ様だ! 宝生葵、世間ではイケメン理事だと言われてるが
ほんとはちょっぴり淋しがり屋のオレだよ


「ぷっ
 ゴメンなさい、判ってました すいません、少し意地悪してみたくなったんです」

ほほー オマエいい根性してるよな このオレに向かって
 イジワルしてみたくなった だなんて


「だって、よく自分でそこまで言えるなーとおもって」

まあ、いい 
ところでオマエ、今、何してた


「何って、別に」

別にって  おかしいだろ それっ

「おかしいって ほんと何もしてなかったんだもん
 これといって用事もないし、読みたい本もなかったし」

あのなー
そう言うときは、「葵さんのこと考えてたわ」とかって言うもんだろっ
今までの女はみんなそうだった


「あらっ、そう  それは失礼! 
 私はそんなこと言えるような女じゃないの 知らなかった?」

まっ、まあ、そういう強い女もオレは嫌いじゃないがなっ

電話をくれたと思ったら、すぐにこんな会話
ほんとうはもっと違うこと話せたらいいんだけど

彼の仕事は不規則で(いや、実際にはほとんど仕事してないのではないだろうか)、
決まった時間に終わるはずだけど、いつも突然掛けてくる
それだけでうれしいって気持ちになるはずなのに
声を聞くといつも、素の自分を押さえ込んでしまう
素直になれない  

「ところで何? なにか用?」

用って
オマエ、もうちょっと色気のある言い方ないのかよっ


「色気が欲しかったら、他にいるでしょ 奇麗な方々
 例えば.....       優子さんとか」

なっ、なんであの人の名前が出てくるんだよっ

「別に.....」

知ってるんだよ 過去にあの人となにがあったかって
今更どうこう言うつもりはないけど
ただ、あの人を見る貴方の目が少し気になるだけ

ピンポ~ン

「ゴメン、誰かが来たみたい 切るね」

いや、このまま待つ 
セールスだったら、追い返せ! いいか、判ったな


「んもう~~」
 
ガチャ[���ƂƁ|�h�A
「あれっ、 桔梗さん どうしたんですか?」

はい、近くまで来た者ですから、
お茶でもごちそうしてもらえないかと
はい、こちらケーキです


「ありがとうございます」

おや、電話中でしたか  それは失礼しました
さしづめ 相手は......  葵さんですかね


「なんで判ったんですか?」

判りますよ  あの人のことなら大体は

「もしもし」

なんで桔梗がオマエの部屋にくるんだっ!
しかもオレを差し置いてだぞ 

桔梗!! オマエ....


「桔梗さん、 なにか叫んでますけど 電話の向こうで」

はい、よーーく聞こえてます

「どうしましょう」

どうしましょうかね このまま放っとくというのはどうでしょう

「あっ、それはそれで面白いかも」

オマエらー オレを無視して話を進めるな~!

「まだ何か言ってますよ」

差し出した電話を受け取り、話始めた

もしもし 葵さん 会議は終わりましたか?

桔梗 オマエなー オレに年寄り達の面倒みさせておいて
オマエは、そそくさとアイツの部屋に行くなんざー
いい度胸してるじゃねーか


おやおや、おかしな事言いますね
校長を始め、PTAの会長達との会合は、いつもの事じゃないですか
それは私の仕事というより、理事長のお仕事ですよ 
葵さん


だからって、何も...
オレを出し抜いてアイツのところに行かなくてもいいだろうが
しかもケーキ持参しやがって


変な言いがかりは止めてください 葵さん
さっ、私たちはこれから楽しいTea Timeが待ってるんです
切りますよ


まっ、待て待て待て 桔梗 オマエ

プチっ

「いいんですか? というより大丈夫ですか?  切っちゃっても」

はい、大丈夫ですよ 
貴方はなにも心配しなくていいんです こちらの話ですから
さっ、ケーキ食べましょう ここのケーキ美味しいって評判なんですよ


「はあ」



やっぱりこっそり朗読された仕返しをしてみたんでしょうか?
なーーんてね 
諏訪部さんの声もちょっと好きかも~~
『あまつき』の梵天と紺ちゃんだし
ラジオもやったしね~ エロとフェロモンの融合って
それだけでも ごちそうさまでした
.22 2010 妄想 comment0 trackback0

ちょっと書いてみた

「ずいぶんとつまらない男に成り下がったもんよね
 さようならっ! もう連絡はしないわ」

これでまた1人整理出来た
オレの携帯アドレスにあった女の名前もこれでやっと
1/3が終わった

アイツと付き合い始めてから、
少しずつ整理をしてきたつもりだったが
まだまだ残ってるな


ふと口から出た言葉だった
知らないうちに増えてしまった女達の携番とアドレス
まっ、今まで遊んでいたんだから当たり前といえばそれまでだが
こうも整理をすることが大変だったとは....
もう少しセーブをしておくんだった
今更 後悔しても遅いんだが....

さてっと 次はどの女だったかな



『一緒にならないか オレと』

突然、彼がこんなこと言い出した
私は、いつもの冗談と思って、あっさりと受け流してた
しかし、どうやら今回は本気らしい
彼の友人達のウワサ話を聴いた

「今まで付き合って遊んできた女の整理をし始めてるから
 アイツ、今回はどうやらマジみたいだ
 散々、遊んだあげく、捨てられた女達からかなりキツい事
 言われてるみたいだ」

まさか....
本当に私と一緒になるつもり.... 
いや、そうじゃない きっとこれもまた何かの冗談よ

どうして素直に彼の気持ちを受け取ってあげないの?
もしかしたら、今回は本当に変わるのかもしれないのに


そうなの? 今度こそ本当なの?

バカだなっ また、いつものゲームだよ
最後に泣くのは自分なのに 学習出来ない女だなっ オマエは


自分の中の天使と悪魔が交互に私の気持ちを揺する
今度こそ本気なのだろうか
また、前みたいに最後にゲームでしたってことになるんだろうか




オレだっ オレ様だ

「はい」

どうした? 
元気ねーじゃねーか オレの声聴いても嬉しくないのかっ


いつものオレ様口調 
心なしか疲れてるみたいだけど

「そんなことないです うれしいです
 でも、どうしたんですか? お忙しいんじゃないんですか?」

ほほー 心配してくれてるのか? オレ様のことを
大丈夫だ 心配ない 
ただ ちょっと いろいろとバタついていてなっ
もう少しだ 待ってろよ あと少しで 全部、片がつく


「かた?」

あーそうだ 
オマエ言ったよな? オレに
今までの女性達と全部縁と切ったら考えてあげるって


「えっ」

えって、まさかオマエ 自分で言った事忘れてるんじゃねーだろうな

「憶えて...なくはないです」

いや、本当を言えば いつそんなこと言ったんだろう?
まったくと言っていいほど、憶えてない

おいおい、なんだよ それ  頼むよ
オレ、今度は気持ち入れ替えてんだからさ


「でも....」

なに 

「いいんですか? 本当に」

ああー そろそろお遊びは卒業だ
1人の女を幸せに出来ない奴が、何やってもダメだろう


「本当に、本当にいいんですか?」

しつけーぞ オマエ

少しイラつかせてしまった
しかし...  本当にいいんだろうか......
このまま彼を取り巻いてた環境を全て変えてしまっても
彼が人気者だったってことは、よく判ってたはずじゃないか
誰も彼のことを本気にさせることは出来ないって
本気にさせてしまったら、本来の彼の良さが無くなってしまうってこと
自分でちゃんと理解していたはずなのに.....

このままだと彼じゃなくなってしまう
みんなの知ってる 私が好きになった彼じゃなくなってしまう

だから....
ちゃんと言わなくちゃ 
彼に憎まれてもいい 
このままでは彼が壊れていってしまう
ほらっ ちゃんと 言葉にして言ってあげなきゃ
もともと始まりはそうだったじゃない 
ねっ だから ほらっ  言わなくちゃ

ゲームだったのよ

って
.21 2010 妄想 comment6 trackback0
 HOME 

カウンター

プロフィール

翔

Author:翔
舞台観たり、ドラマCD聞いたり、イベント参加してみたり、楽しい時間を過ごしたこと書いてます。
妄想世界の住人なので、ありえへんってこと書く時アリますから

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。